会計ソフト、申告ソフトの検討中。軸足をどこに置くか。


独立する際に、会計ソフトや申告ソフトは何を選べばいいのか。私もいろいろなソフトについて検討しています。

 

ソフトの棚卸

私が過去に使用したことのある会計・申告ソフトは以下のものです。

 

【会計ソフト】

・PCA会計

・勘定奉行

・弥生会計

・会計王

・財務応援

 

【申告ソフト】

・PCA法人税、所得税

・法人税の達人

・魔法陣

・TKC

 

この中で、TKCはまず選択肢から除外されます。理由は、操作の煩わしさとコストです。

決して安くない導入費用と保守料金がかかる上に課金制というのも納得いきませんし、何より項目を選択するごとのロード時間の長さも気になります。

加えて、タブ形式で入力していき、最後にならないと申告書画面で確認ができない仕様には慣れません。

 

「使ったことがある」を理由にしない

とはいえ、使ったことがあるからと言って上記のソフトの中からのみ選ぶということはしないつもりです。

例えば、会計ソフトでいえばPCA会計や勘定奉行などは比較的高価であることから、小規模な法人や個人事業者で導入する割合は高くないでしょう。

現在では、freeeやMFクラウドなどの新興ソフトや他システムとの連携が広範な弥生オンラインの知識のインプットも必須だと感じています。

軸足となるターゲットをどこに設定するかで必然的にソフトも決定されます。

 

当面の方向性は小規模とクラウド化

現在、導入を考えているものは以下のものです。

 

【会計ソフト】

・弥生会計(デスクトップアプリだけでなくオンライン機能を含む)

・freee

・MFクラウド会計

メインはシェアの多い弥生会計を考えています。現状では、導入コストの安さに加えて操作性が直感的にもわかるところに優位性があります。

また、新興ソフトであるfreeeやMFクラウドも無視できないでしょう。

 

【申告ソフト】

実は、これがまだ確定できていません。現状は、達人シリーズを必要最低限で揃えるべきかと考えています。

引き続き、複数のソフトを実験してみてレビューも兼ねて検討してみます。

 

【編集後記】

組織化していれば、成果物の品質を一定程度確保するにはある程度コストをかけてチェック体制を敷くべきです。

ひとりで作業する場合には、チェックリストを作業化させないよう工夫したり、時間をおいて色々な角度から確認するといった仕組みづくりが必要なんだろうと感じています。

 

【一日一新】

無料申告ソフト(フリーウェイ税務、全力法人税)のダウンロードと実験