水天宮の安産祈願、戌の日を避けるのが吉?


水天宮へ安産祈願に行ってきました。

妊娠5か月めの戌の日には、腹帯を巻いて安産祈願をするのが主流となっているようです。

 

水天宮前駅を利用する場合には出口に注意!

ちょうどこのブログを開始したころ、妻の妊娠が発覚しました。

無事に妊娠5か月を迎え、1歳の息子の時と同じく東京の水天宮に安産祈願に行くことになりました。

水天宮へのアクセスは、半蔵門線の水天宮前駅を利用するのが最も近くなります。

5番出口から出れば、すぐ右手に本宮が見えます。

ただし、エレベーターもエスカレーターもありません。地上へ出るには階段のみです。

まだ5か月とはいえ、妊婦さんにしてみればとても優しい設計とは言えません。

4番出口からエレベーターで地上に出て、本宮を目指しましょう。5分も変わりません。

 

戌の日は大混雑、避けるのも検討すべき

せっかく行く安産祈願ですので、戌の日に合わせて行きたいというのが心情です。

しかし、戌の日で土日ましてや大安などの吉日と重なった場合には、大混雑します。

今回、私たちは27日の戌の日を避けて前日の26日に行ってきましたが、予想以上に空いていました。

受付をして祈願が終わるまで、大体30分ほどでした。

長男の時は、戌の日の土曜に行き、本宮が建設中で明治座近くの仮宮で狭く、入場規制がされて2時間ほどかかったことを考えると短く済みました。

加えて、入場規制がかかっていなければ、祈願に家族も立ち会えます。

妊婦さんの体調を考えると、あえて戌の日を避けるということも選択肢に入れてはいかがでしょうか。

「子宝いぬ」もしっかりなでておきましょう。

 

混雑時に家族はどこで時間をつぶすべきか

仮に混雑に巻き込まれた場合、妊婦さんだけが祈願の待合室で待機することになります。

その間、ほかの家族は待ちぼうけを食らうわけですが、近くにはあまりお店が見当たりませんでした。

水天宮前駅5番出口を出てすぐの十字路にファミレスのジョナサンがありましたが、混雑が予想されます。

ここでおススメなのが、「トルナーレ日本橋浜町」です。

タワーマンション兼オフィスビルの2階には飲食店が複数入っており、子ども連れにも嬉しいファミレス(ガスト)もあります。

エレベーターも2基あり、ベビーカーでも安心です。

水天宮から10分ほど歩きますが、その分、ゆっくり過ごせるかもしれません。

 

【編集後記】

税理士試験の時は、理論マスターに教材を切り貼りしたりして工夫をしていたので、世界堂などの文具店には割とよく行っていました。

先日、文房具の展示会に行ってきましたがビジネスでの時短につながる製品が沢山あってワクワクしました。

煩雑な事務作業は極力省力化するとしても、無くすことは不可能なので、文房具選びにもこだわりたいと感じました。