「新卒」を有効に。会計事務所に就職するタイミング。


寒くなってくると年末調整にはじまり年始の業務の準備をしなきゃな、と思うこの頃。

数年前までは、税理士試験の合格発表前でそわそわしていました。

そして、12月は税理士試験後の8月と並んで会計事務所の定期採用のシーズンです。

合同就職説明会に参加して就職!と考えている方も多いはずですが、タイミングとしていかに。

今回は、大学生にとって新卒または1~2年の専念を経ての就職について考えてみます。

いつ就職するのがいい?

就職してずっと会計業界にいるならば、1年でも早く就職することです。

この業界は経験がモノを言います。

「勉強と実務は違う」ということではありません。

税理士業務は税法に基づいた法律行為であることを考えると、砂を噛むような理論の暗記も重要です。

一方で、いくら勉強しても初めて作った申告書は上司からの指摘事項だらけで返ってくるように、

実務に落とし込むことを通して身に付くものもある、ということです。

ただし、早くした就職がベターな選択とならない場合も時としてあります。

特に、それが学生から税理士試験の勉強を始めて早期合格を目指す人であればなおさら。

私は、新卒で会計事務所に就職してはいけないとも思っています。

 

早期合格をはばむ要因

新卒または卒業後1~2年の方は、会計事務所への就職のタイミングを慎重に判断すべきです。

会計事務所の規模別にその理由を考えてみます。

 

(注)あくまでも個人的な見解であり、すべての事務所に当てはまるわけではありません。

 

1.税理士法人

いつの時代も学生の多くは大手志向です。

多くの受験生は、どこかの税理士法人への就職を考えることでしょう。

かくいう私もご多分にもれず、最初は税理士法人に就職しました。

一般的に税理士法人は、過酷な労働環境にあることが多いです。

慢性的な残業や早残に加えて、時期によっては休日出勤なんていうことも。

受験生にしてみれば、勉強時間の確保は難しくなるでしょう。

入社して1~2年目は仕事を覚えることに精一杯で、3年目になって仕事が一巡したら後輩もできてメインでの担当も増え始めるころです。

モチベーションを維持して合格する人も多いですが、中には4科目リーチのまま10年が経過…という人もいるのが現実です。

 

2.個人事務所

確定申告の時期は熾烈を極めることが多いですが、1年を通じて忙しいことは少ないです。

税理士法人と比較して、勉強時間は確保できるでしょう。

しかし、事務所の所長が試験合格を良しとしないことが往々にしてあります。

試験前に仕事を依頼したりして妨害(?)することもあるかもしれません。

有資格者となってお客様を持ち逃げされるという疑いからなのでしょうか。

また、税理士法人と比較すると、給与などの待遇面で劣る可能性が高いです。

働きながらの受験では、1年で1科目が関の山。複数年を覚悟しなければなりません。

薄給での長期間の受験を乗り切るだけの明確な意思が必要になるでしょう。

 

3.ブティック型事務所

大手税理士法人出身者の方たちが、数人で開業した特化型の会計事務所がこの形式です。

業務はシステマチックでお客様も規模の大きいところが多いです。

M&Aやコンサルなどの高度案件を抱えることが多いため、未経験者採用は少ないかもしれませんが、

職員が数人であることを考えるとマンパワーが不足していることも多く、残業は必至でしょう。

 

「新卒」を有効に使おう

「新卒」であることは、就職においてはプラチナチケットとも呼ばれています。

だからこそ有効に使いましょう。

新卒の状態では、合格科目が積みあがっていないことが多いかもしれません。

その状態で就職しても多くの場合、合格が数年間先送りになってしまいます。

私が就職した当時、いわゆるBig4といわれる外資系の税理士法人に新卒で就職した友人たちのスペックは「23歳3科目」が多かったように思います。

それ以外の税理士法人でも「25歳3科目」をひとつの基準にしているように感じていました。

しかし、2017年10月時点のエージェントの話では、売り手市場のピークは過ぎたとはいえ、

税理士法人側も科目合格なしでも履歴書を見るようになってきたようです。

門戸は広がっています。焦って就職することが必ずしも最良の選択ではないかもしれません。

新卒であることを考えると、就職は確実に科目を積み重ねてからでも決して遅くはありません。

 

まとめ

会計業界に飛び込む以上は、税理士になることがまずは目標のはずです。

しっかりとスケジュールを立てて早期合格を目指すことで、選択肢も広がります。

早い段階で就職のタイミングを設定したら、あとは合格するための勉強に突き進むのみ!

 

【編集後記】

先日、税理士ブロガーの方たちとのオフ会に参加してきました。

皆さんが愛のあるイジリをしてくれたおかげで楽しい会になりました。

地域に根差した税理士になりたいです!(意味深)