月次訪問が惰性になっていないか。ニーズを直接聞いてみる。


月次訪問のスタイルは、会計事務所によっても担当者によっても様々だと思います。

 

人に依存する前職の月次訪問

前職の月次訪問が、会計事務所の一般的なスタイルかもしれません。

以下のような形式で、毎月訪問していました。

 

・訪問前に会計データをもらう

・内容の確認をして、指摘事項をピックアップする

・訪問し、議事録・稟議等を確認しても解決しない指摘事項のインタビュー

 

一般的に、会計事務所は顧問料やその会社の業務内容などを勘案して、最適な人員をアサインすることになります。

この形式の問題点は、特にクオリティーの点で属人的になってしまうことです。

マネージャー以上の管理職クラスであれば、基本的な税務リスクはもちろん、経営陣に対して大局的な話に言及できるかもしれません。

一方で、経験の浅い若手であれば、そうはいかないでしょう。とはいえ、ここでも個々人の力量に左右されます。

 

経営者目線が求められる現職の月次訪問

大企業を対象にしていた前職とは違い、中小企業を相手にする現職の月次訪問は勝手が違います。

 

・訪問前に会計データをもらう

・分析資料を作成する

・資料の説明しながら経営陣と面談する

 

経営陣と直接膝を突き合わせて話ができるところに面白さがあります。

税務の細かい論点は経理担当者の方にお話はしますが、社長はどういった悩みを抱えているのか知ることができました。

また、こういった質問を受けることで、独立したい気持ちになっていきましたし、必要性も感じるようになりました。

 

月次訪問の必要性と費用対効果

月次訪問を毎月行うか、2か月や3か月に一度なのかはそれぞれの契約やニーズによって異なります。

事業内容に大きな変動がなくルーティンであれば、毎月会計事務所と時間を取ってまで話をする必要はないという考えもできるでしょう。

一方で、特に必要ないと思っていても、会ってする話の中で、あれもこれも気になっていたという気付きを与えられるかもしれません。

少なくとも、事業を行う以上、税務リスクはあります。

会計・税務やお金に関することだけではなく、経理業務の改善や中小企業が抱えがちな人に関する問題など悩みは多岐にわたります。

月次訪問で惰性になっているヒマはありません。

せっかく、時間とお金を使っているのですから、会計事務所を利用する側と会計事務所側双方が理想のカタチになっているか時宜を得て、認識を共有する必要があります。

 

【編集後記】

とある訪問先で、月次訪問のやり方の提案をされました。

そこは、所長に同行している先なのですが、事務所としてニーズを汲み取りきれていなかったようです。

反省するところは反省して、こちらの理想を押し付けていないか顧みる良い機会にします。

 

【一日一新】

訪問先近所のお寿司屋さん