会社を設立する費用はいくらあればいい?合同会社で検証してみました。


起業をする場合、まずは小さく個人事業主として始めるというのがセオリーと言われていますが、

会社との取引につき、個人は社会的信用が低いということで取引しないってケースもあるようです。

そういった理由もあって、いきなり会社を設立する人もいます。

ところで、会社っていくらあれば作れるんでしょうか。

スポンサーリンク

合同会社を設立した私の場合

私は合同会社を設立しました。

設立までにかかった費用を集計してみます。

すると…65,180円でした。

内訳を発生した順番にご紹介します。

ここで注意したいのは、⑷登録免許税です。

株式会社であれば15万円、合同会社であれば6万円必要です。

私は創業セミナーに参加したおかげで、通常必要な登録免許税が半額になりました。

【関連記事】

起業を考えているなら必見!商工会主催の創業セミナーを受講してきました。」もご覧ください。

 

こだわりなし!最安ならいくら?

お金がないけど、とにかく安く会社が作りたい!

その場合はいくらになるんでしょうか。

⑴定款の代行手数料

会社を設立するには、ルールブックである定款を作成する必要があります。

定款を紙で作成する場合には印紙4万円貼らなければなりませんが、専門家に電子認証を頼めば、

この印紙代を節約できますので代行をお願いした方がいいでしょう。

私が利用した会社設立freeeでは、5,000円ですがより安く受注しているところもあるでしょう。

⑵資本金

理論的には、1円でも会社を設立できます。

ただ、これからビジネスを始めるのに元手が1円ってどうなんでしょう。

(1万円の私が言うなって?すみません…)

資本金を増やす(増資)場合には、変更登記する必要があって登記費用がかかります。

ですので、個人的には1円で設立する選択肢はほぼないかなと考えています。

⑶印鑑

私が購入したのは、実印・銀行印・角印の3点セットです。

ただし、会社設立に必要なのは実印のみなので、最安を狙うなら実印だけを購入します。

1,000円台で購入できるサイトもあるようです。

⑷登録免許税

設立費用の大部分を占めるもので、節約するには前述の創業セミナー等の参加による証明書を取得して減税を受ける必要があります。

⑸個人の印鑑証明書

法務局に添付するのに1枚必要になりますので、省略はできません。

 

ここまでを総括すると、理論的には以下のようになるでしょうか。うーん、安い!

 

まとめ

上記でご紹介した設立費用も、頑張ればもっと切り詰めれるでしょう。

ただし、費用対効果は薄くここに注力すべきではないでしょうね。

実印も印鑑登録するものですから、あまり安物を買うと縁が欠けてしまうかもしれません。

節約はほどほどに。

 

【編集後記】

奥さんと子どもが出産に備えて里帰りしています。

予定日のカウントダウンが始まって、こっちまでドキドキしています。

ちなみに、何の兆候もまだないみたい…。