就職・転職のタイミングで思うこと


税理士試験を受験された方はお疲れさまでした。これから専門学校では合同就職説明会など就活イベントがありますね。

というわけで、自分が就職・転職のタイミングで何を考えていたかを思い出してみました。

 

未経験の場合ー「何歳までに何科目」を明確に

社会人経験がない未経験での就職の場合は、科目を揃えることに何よりも注力すべきです。

私は24歳で最初の税理士法人に入所しました。

当時は3科目(簿・財・事)合格で、法人税法と消費税法を受験し、法人税法は合格の手ごたえを感じていました。

当初の予定より1年遅れての就職活動でしたが、その年は法人税法の出来が芳しくなく、就活を見送りました。

税理士試験は科目合格制であるがゆえに、各人のスケジュール管理が重要になってきます。

なかなか科目を積み上げることができず、実務経験がない20代後半の受験生も少なくありません。

私が入所した税理士法人は、当時、キラリと光るものがなければ25歳3科目以上という下限を設定していました。

(私の就職活動時は、そのほかの税理士法人でも最終まで残ったのは20代前半で3~4科目ホルダーが多かったです。)

いつ就職活動をするかを見据えた戦略を受験生時代から設定して、判断を見誤らないようにしましょう。

 

転職活動の場合ーミスマッチはあってはならない

一方で、この業界は転職が即キャリアに傷をつけるものではないとはいえ、癖になりやすいとも聞いていました。

求職者側も会計事務所側も、労力(事務所側はお金も)を使って採用活動をしているので、ミスマッチはあってはなりません。

「入社(所)してみなければ、わからない」とよく聞きますし、確かにその通りだとは思います。

ただ、長時間労働が理由で転職する場合には転職を考えている事務所が夜遅くまで電気が点いているか確認したり、人間関係で転職する場合には職員の方と顔合わせする機会をもらったりすることで、リスクを極力減らすことを検討すべきです。

私は、以下の2点に重きを置いて転職活動をしました。

・個人事務所の経営を近くで見たい

・ほかの事務所とは少し違うサービスを提供し、それがどう響いているか知りたい

転職して1年が経ち、良くも悪くも概ね達成しています。時間的な余裕もあり、情報収集で視野も広がりました。

 

キャリアプランを考える

ただ、この業界はいわゆる「ブラック」であることに異論はないでしょう。

やればやっただけという労働集約型の産業で残業は当たり前ですし、泥臭い仕事も多いです。

目的意識を持たずに目の前の仕事をさばくばかりでは、惰性となり時間ばかり過ぎて行ってしまいます。

これは税理士試験と一緒ではないでしょうか。

就職活動の面接で答えるような崇高なものである必要はないですが、自分が税理士を志した理由を思い出してみてください。

キャリアプランを思い描くことでその過程として事務所選びをする。

そういった視点もあってもいいのではないかなと思います。

 

【編集後記】

GWやお盆休みの渋滞のニュースで、リポーターの方が高速に乗って番組中ことあるごとに「やっと○○インターまで来ました」と中継しているのを見ます。

車の中はカメラマンの方など数名いるだろうに、渋滞中は何をしているのだろうと疑問に思う今日この頃です。