独立に当たって、自宅で開業するか事務所を構えるか


開業するにあたって、まず決定しなければならないポイントは事務所をどこに構えるか。

私は自宅開業を考えていますが、メリットとデメリットを考えてみました。

 

自宅開業のメリット

考えられるものとして、以下の点が挙げられます。

1. 固定費が不要

レンタルオフィスでも保証金や前払の賃料、オフィスになると敷金・礼金も必要になるでしょう。

スタートアップ時には大きな出費ですが、自宅開業の場合はありません。

2. 通勤の必要がない

朝の通勤ラッシュ時は、多くの方はおよそ1時間かけて通勤されているでしょう。

その時間を仕事やほかのことに充てられます。

3. レイアウトを自由に決められる

建物の構造や、退去時には原状回復しなければならないことから備品の配置等に制約があるかもしれません。

一方、自宅(特に持ち家)であれば、すべて自由に決定できます。

 

自宅開業のデメリット

ただし、デメリットもあります。

1. 仕事とプライベートの境界が曖昧になる

私は通勤電車で、事務所に近づくにつれ頭が仕事モードになっていきます。

通勤がないとそれがなくなり、また、仕事とプライベートの切り替えをうまく行う必要が出てくるでしょう。

2. お客様を呼べない

運営のスタイルによって、このデメリットは打ち消すこともできるでしょう。

自ら訪問する、面談はスカイプ等の対面式のビデオ通話を使うなどする代案が考えられます。

3. 信用力に劣る

バーチャルオフィスでも千代田区アドレスなら、一等地に事務所を構える敏腕イメージを与えるかもしれません。

ただ、人間性を評価してもらえれば問題ないのかもしれませんが。。。

 

自分のビジョンに沿って選ぶ

結局のところ、自宅開業と事務所を構えることの間にはトレードオフの関係があります。

どういった層をターゲットに設定するかなど総合的に意思決定されるべきでしょう。

私は、ターゲットに設定しているお客様層や、自宅開業も見据えて戸建てを購入しました。

住宅ローンのおかげで、初期投資や自由に使えるお金の工面に苦労していますが。。。

ただし、支部等の環境面で不安材料もあります。

別のエントリーでひょっとしたら書くかもしれません。

 

【編集後記】

何気なく処理していた書類の手引きを読んでみたり、あまり論点にならない条文や逐条解説を読んでみる。

そういったことで得る気付きが多いように感じます。

決算が落ち着きだしたので、この時期に開業準備とインプットを加速させていきます。