月次決算・年次決算分析に専用ソフトは必要か


個人事務所に転職して驚いたことのひとつに、会計事務所向けサービスの多さに驚きました。

そのサービスの中に、さまざまな用途に細分化された専用ソフトがあります。

 

月次訪問で何をするか

前職での月次訪問は、以下の手順で進めていました。

 

・事前に会計データをもらって月次推移や元帳を見て疑問点を洗い出す。

・訪問して議事録・証憑を確認する。

 

これでは、まさに属人的で経験則によるところが大きいものになっていると感じていました。

加えて、月次はルーティンな会社であれば、ミーティング時に指摘事項がなくて頭を悩ませることもありました。

そんなこともあり、他の会計事務所の月次訪問は何か特色があるのか気になっていました。

 

納品物として見える化した功績

有名な某江東区にある会計事務所が「月次決算書」なるものを商品として打ち出していることは知っていました。

中を見ると、多数の帳票がビジュアル的にファイルされています。

そして、それは「会計参謀」という専用ソフトに弥生会計のデータを流し込むことで作成できるそうです。

月次訪問で、成果物として納品するものがあることは良いことだと思いました。

会計事務所は、申告書や届出などを除けば、目に見えないサービスを売ることになります。

サービスに正当な対価を払ってくれるマインドの方ばかりではありません。

「月次決算書」という商品として見える化したことは、画期的と考えます。

 

ソフトに頼りすぎず技術を磨く

しかし、この「会計参謀」ですが、価格がいただけません。

標準版はイニシャルで198,000円(税抜)かかり、保守に40,000円(税抜)が必要です。

某会計事務所版を購入するには、350,000円(税抜)にもなります。

すべてのお客様に月次決算書にファイルされたすべての帳票が有用であるとも言い切れません。

経営者の方に響きそうなグラフィカルなページは、エクセルでも作成可能です。

ちなみに、この会計参謀は年度ごとに購入が必要なため、継続的にコストもかかります。

ソフトに頼りすぎず、エクセルを駆使して分析資料の作成や業務改善の提案に生かせる技術を磨くことも必要です。

 

【編集後記】

固定費を定期的に見直すことは重要です。

「最小のコストで最大の利益を上げる」とはお客様に伝えても、自分たちができていないのでは説得力がありません。

 

【一日一新】

魚民のランチ(チキン南蛮定食)