1歳の熱性けいれん体験記(わが子編)


先週、1歳の子どもがひきつけ(熱性けいれん)をおこしました。

幸い後遺症もなく、その後の再発もないまま今に至りますので、一連の経緯をまとめました。

 

体調悪化は突然に

妻によると、日中は特に変わりなく、元気にひとり遊びしていたようです。

夕方ごろ、何気なく額を触ってみると熱く、体温を測ってみると39.3度あったようです。

かかりつけの小児科は午後休診で、自治体の相談窓口に聞いたところ今夜は様子を見て、
明日の朝も高熱が続くようなら、小児科を受診するよう勧められたようでした。

私が帰宅した時には、いつもとは少し違って、力なくぐずっているような感じです。

寝付いてしばらくした23時ごろ、ぐずりだしたので、抱き起してゆらゆらしていると突然、けいれんしました。

 

救急車は予想以上に早く来てくれる

けいれんしている最中は、とはいっても2~3分ですが、ずっと抱っこしていました。

あの時の感触は、今思い出してもゾッとします。。。

目が上を向き、白目になり唇は紫色になって手は突っ張って、ビクビクしていました。

けいれんが収まると、ぐったりしてしまいましたが呼吸はあります。ただ、冷静な判断などできず。

すぐに、救急車を呼びました。

10分も待たず、救急隊の方が3人で家にやってきました。すぐに救急車に乗りましたが、すぐ出発せず診察が始まります。

 

餅は餅屋に

救急隊の方は慣れた手つきで器具を取り付け、状況を説明しながら、私たちの気持ちを落ち着かせてくれました。

自宅からの距離を考慮して、「〇〇病院に行きます」と教えてくれます。

熱性けいれんの疑いが高いこと、そうであるならば過度な心配は不要なことなどアドバイスを適切にしていただき、
子どもは、終始ぐったりしていましたが、何となく安心していました。

やはり、専門家は頼りになる!エントリーを書いていて、自分の仕事ぶりを顧みます。。。

病院には、20分くらいですぐに着きました。
先生や看護師さんなど5~6人が待っていてくれました。

座薬や点滴で体温も37度くらいに下がり、血液検査をしてもらい、特に異常は見られないということで、
帰宅することになりました。この時、すでに27時でした。。。

その後、2回ほど、検査結果の報告や経過観察で通院し、突発性発疹か通常の風邪という診断でしたが、
発疹は見られないため、風邪なのでしょう。

ともあれ、予後が良くて何よりです。

 

 

 

【編集後記】

大腸炎に2回かかったことがありますが、風邪のような症状に苦しみました。

そんな時にいつも思います。「健康ってありがたい!」

 

【一日一新】

ネットレジ