税理士報酬の相場にとらわれない


税理士報酬については、過去には「税理士報酬規定」なるものが税理士会から出ていたようです。

自由競争になった現在では、おおよその相場ができていると思います。

週末に食べた沢がにです

下限を見ればキリがない

ネット検索すれば、月額数千円~は珍しくありません。

ましてや数百円~(実際にはオプションで数千円になる)なんて事務所もあるぐらいです。

その値段で、「申告書丸投げプラン」と銘打って入力から申告書までを請け負うようです。

利用される方にとっては嬉しいでしょうが、そこで働く人たちの就業状況は察するに余りあります。

このような境遇の改善がない限り、魅力的な業界になりうることはないでしょう。

そもそも、フィンテックの出現で薄利多売のビジネスモデルに先はありません。

 

税理士報酬の適正価格

経営者の方は、税理士報酬のある程度の相場観をお持ちだと思います。

以下は、私が経験したことです。

現在の税理士に支払っている月次の顧問料が5万円で高いと不満を感じている方がいます。

その一方で、20万円でもそう思わずに満足している経営者がいます。

しかも、両社の売上規模はさほど変わらないというのがミソです。

税理士報酬を値決めする際に、相場にとらわれてそれを適正価格とするのは好ましくありません。

そうならば、安易なダンピングに巻き込まれる可能性が高くなります。

 

単なる外注か社外CFOか

送られてくる領収書を入力して申告書を作成する。

こういった作業だけしていては価値を見出されにくいと思います。

誰が作成しても、ほぼ同じ成果物があがってくるためです。

(実際には、税務コンプライアンス上、仕訳ひとつでも作成者の技量が反映されることをインターンシップで学びました。)

しかし、税理士は毎月経営者の方に会う機会があり、経営の中枢にタッチできているという利点があります。

税務はできて当たり前、孤独な経営者の方にいかに寄り添うことができるか。

「単なる税理士」で終わらない、そういうブランディングと報酬の価格設定について考えています。

 

【編集後記】

週末、個人医院を開業している友人と久しぶりに会って飲んできました。

個人事業主のお悩みや税理士との付き合い方を聞いてきましたが、いろいろ気づきがありました。