相手にどう思われるか、同じ仕事をしたとしても結果が異なる


私たちの仕事の中には、成果物の精度に大差がないものも多いです。

ただ、その中にあっても、人によって結果は大きく異なると感じています。

 

何も伝えない会計事務所

個人事務所に転職して、顧問税理士の変更で他事務所からの引き継ぎが数社ありました。

巷では聞いていましたが、中小企業では会計事務所がすべて処理を行っていて、経理がブラックボックス化している状況は少なくありません。

会社の経理の人に聞いても、「それは会計事務所がやっていたことですのでわかりません。」という返答を何度も聞きました。

中には、設備投資に関する優遇規定や所得拡大促進税制を何も適用していないケースもありました。

さらに、決算整理や申告書についての前会計事務所からの事前説明なども特になかったとのことでした。

 

一言で印象は大きく変わる

前述した例は論外でしょうが、説明不足については常に注意しなければいけないと思っています。

 

「前に言えば説明、後に言えば言い訳」

 

こんな言葉を聞いたことがあります。

ひとつの取引に関して、考えられる税務上の事案はいくつかあることが常です。

その中で、先回りして提案や対案を示すことができれば信頼を得られると考えています。

従業員への対応でも同じではないでしょうか。

会計事務所は残業が常態化していると思いますが、ひと声労いの声をかけるだけでも印象は変わります。

 

専門家としての自覚を持つ

税に関する専門家として、言葉には慎重になるべきだと思っています。

単純なワーディングミスや言動に責任を持たないことは信頼をなくします。

それだけでなく、相手にどう伝わっているかというところまで考えて話す癖をつけることが必要でしょう。

 

 

【編集後記】

個人事務所の在り方の難しさを感じました。

所長の考えによるところが大きいですが、「家族的」なのか「組織」でいくのか。

代表がいて、人がいる以上は組織の形態をとるべきであって、距離が近くなりすぎてはいけないと思っています。

 

【一日一新】

スーパーカップマロン味