ビュー・スイカカードはおこづかい制サラリーマンの強い味方


JR東日本が発行する「ビュー・スイカ」カードは、suica・定期券・クレジットカードが一体となったものです。

機能の利便性だけではなく、実は世のサラリーマンの強い味方になり得る存在かもしれませんので、まとめてみました。

「ビュー・スイカ」カードとは

ビューカードとは、JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。

数あるビューカードの中でも定番なのが、今回ご紹介する「ビュー・スイカ」カードになります。

【出典】ビューカード公式HP

他のカードとの違いは、Suica機能と定期券の機能がついているところです。

カードや定期券を複数枚もつことなく、財布や定期入れがスッキリします。

そして、最大の目玉は「オートチャージ」できることです。

 

オートチャージが便利!もう改札でとまらない

皆さんも残高不足により、改札でとめられた経験はあると思います。

混雑時にやってしまうと気まずい感じになり、平謝りしながら精算機へ…なんてことに。

それを未然に防いでくれるのが、この「オートチャージ」です。

オートチャージとは、Suicaのチャージ残額がある一定金額を下回ると、改札にタッチして入場する際に自動で事前に設定しておいた金額をチャージしてくれるサービスです。

クレジット決済となり、初期設定は残高1,000円以下になると3,000円がチャージされることとなっています。

これにより、改札でとめられることなくチャージする時間も節約できます。

ただし、JRの改札を通過した際に限って設定金額以下となっている時にはじめてオートチャージされます。

バスやコンビニではチャージされませんので、注意が必要です。

 

キャッシュアウトがないというメリット

一般的に、会社の経費精算は給料日前に行われて同月の給与とともに後払いで振り込まれます。

外回りの多い営業職などであれば、立替交通費も多額になりがちです。

その都度、切符を買って入場する人は現在は少ないでしょうが、チャージする場合でもお金が先立っていくのに変わりはありません。

その場合でも、オートチャージなら現金支出せず、クレジットカード決済されます。

私が「ビュー・スイカ」カード導入に踏み切った動機は、このキャッシュアウトがないという点にあります。

 

JRユーザーのお父さんならば、導入を検討してみよう

お客様への月次訪問のため、私も外出の機会が少なからずあり、しばしば改札にとめられていました。

というのも、普段はsuicaに1,000円ずつしかチャージしないからです。

多くのサラリーマン既婚男性がそうであるように、私もおこづかい制を敷かれています。

虎の子のキャッシュをsuicaなんぞにやるものかと思っていました。

「必要経費なんだから、それぐらい嫁に請求すれば…」という声が聞こえてきそうですが、家庭内の環境は世界経済と同様刻々と変化していきます。

声をかけるタイミングによっては、不用意に刺激する穏便にコトを済ませることを選択していました。

しかし、「ビュー・スイカ」カードの導入により、家庭内精算が不要になりました。

キャッシュレスと時間短縮にくわえて家庭円満を同時に実現でき、ポイント還元によりお得に使えるため、JRユーザーであれば導入を検討してもいいのかもしれません。

 

【編集後記】

子どもがいろいろなことに興味を持ち始めた一方で、お風呂では手持ち無沙汰にしているようでした。

なので、週末はお風呂で遊べるおもちゃを家族3人で買い出しに行きました。

というわけで、家族3人とおなかの赤ちゃんで仲良く暮らしています。